アロマの精油って何?どんな物を使ったらいい? あなたにあった本当のアロマの出会い方

最近では雑貨屋さんなどこでも目にするようになってきたアロマ雑貨。

『興味はあるけど、どんな物を買ったらいいの?』

なんて思った事はありませんか?

アロマオイルと書いてあれば、どんな商品でも良いという訳ではありません。

正しい精油(エッセンシャルオイル)を使う事で初めて、効果効能を得る事が出来るのです。では、正しい精油とは何をさすのでしょうか?

今回は、精油の選び方や、使用期限などに触れながら、あなたにあった精油や使い方をご紹介します。

精油とアロマオイル(フレグランスオイル)の違いってなに?

知らなければ全部同じだと思ってしまいますよね。

多くの方が、”アロマオイル”と表記された製品を、雑貨屋さんなどで目にした事がありますよね。では、”アロマオイル”とはどんなオイルであるかを知っていますか?

実は、100%純粋でないオイルの事をアロマオイル(フレグランスオイル)と言うのです。

ですから、精油(エッセンシャルオイル)とは違い、アロマオイルでは期待する効果を得る事のは難しい場合があります。

それでは、メディカルアロマで使用される精油とはどんな物をいうのでしょうか?

順を追って紹介したいと思います。

【精油の見分け方】

まず、精油かどうかを判断するには、製品の裏面の成分表や瓶を見てみましょう。

  • 精油名・学名 ---- 例えば、ラベンダーなら(ラベンダーアングスティフォリア・Lavandula angstifolia ssp.angstifolia)と書かれています。
  • 蒸留部位 ------ 花房 …etc など植物の部位
  • 蒸留方法 ------ 水蒸気蒸留法・圧搾法など
  • 遮光瓶に入っている - 茶色やブルーの遮光性のある瓶であること
  • ロット番号の記載 --きちんとした製品にはロット番号の記載があります。

これらの情報がきちんと記載された、ケモタイプ精油をメディカルアロマでは使用します。

ケモタイプ(フランス語Chemotype)とは、植物に含まれている成分を化学的に分析して、特徴的な成分の含有率で植物を分類・同定する考え方で「化学種」とも訳されています。

プラナロム・精油エッセンシャルオイル

正しい精油を使用することで、植物や花にある芳香成分から、効果や効能を得られる事ができるのです。

精油を購入する際には、これらを気をつけて見てみて下さいね!また、食べ物に賞味期限があるように、精油にも使用期限もあります。

【精油の使用期限】

精油を使用する上で大切なのが、使用期限です。

開封してから1年以内、柑橘系果皮から圧搾法で抽出された精油に限り6ヶ月以内の使用を心掛けてください。

それでは、いよいよあなたの好きな香りを探しに行きましょう!

好みの香りに出会う

あなたの好きな香りはどんな種類の香りですか?もちろん、市販で売られている香水なども、原料は精油などを主として作られています。

普段から香水などで香りを楽しんでいる人は、自分が好きな香りが何なのかを知るチャンスですね。

では、下記の項目の中からあなたの好きな香りを探していきましょう。

●フゼア系

ラベンダーの香りを中心として、オレンジ、ベルガモット、ゼラニウムなどから出来た香り。フレッシュでパウダリーな香り。

●シプレ系

ベルガモットの香りを中心として、ローズ、ジャスミン、ゼラニウムなどから出来た香り。フローラルな花のみずみずしい香り。ゼラニウムなどから出来た香り。フローラルな花のみずみずしい香り。

●オリエンタル系

バニラやバルサムといった甘い香りを中心に、サンダルウッド、シナモン、フランキンセンスなど、から出来た香り。スパイシーでウッディな香り。

●フローラル系

ローズやジャスミンの香りを中心に、レモン、ライム、プチグレン、イランイラン、ネロリなどから出来た香り。花束をイメージした香り。

さて、あなたの好きな香りは見つかりましたか?見て頂いて分かるように、中心となる香りが違う事でその香りの兆候が変わります。

まずは難しいことを考えずに、好きな香りを使って見てください。好きな香りをまとうことで、気持ちを落ち着かせたり、素敵な気分へと導いたりしてくれます。

香り探しは、あなた自身を見つめる一番の近道かもしれません。次回は、自分に合った香りとは何なのかを、もう少し詳しくご紹介していきます。

ラベンダー・アングスティフォリアで心身ともにリラックス!

最後に、今回一番最初の正しい精油の選び方で精油名・学名を紹介した『ラベンダー』の、簡単な使い方と効果効能などをご紹介します!

ルームコロンでお部屋を気持ちのいい空間に

【用意する物】

  • 無水エタノール
  • 精製水
  • ラベンダー精油
  • スプレーボトル

【作 り 方】

  1. 精油を8滴入れます。
  2. 無水エタノールを18mlと精油を混ぜます。
  3. 「2.」に精製水を2mlを入れます。
  4. ベットルームやリビングなど好きな場所にスプレーして下さい
注意*吸い込まないように注意して下さい。
  *火器のある場所へのスプレーや保管は危険ですのでお辞め下さい。
  *家具や寝具などシミになる可能性があります。

この香りを長引かせたい場合は、ティッシュやキッチンペーパーなどに染み込ませて、枕元に置くのもいいですね。

眠れない夜に、ラベンダー芳香でリラックス

【用意する物】

  • 大きめのマグカップ
  • ラベンダー精油
  • お湯(マグカップ1杯分)

【作 り 方】

  1. コップにお湯を用意します。
  2. 精油を数滴入れます。
  3. タオルを頭からかぶりコップの上から蒸気で香りを芳香します。

*リラックスできるように鼻からゆっくりと呼吸しましょう

ラベンダー・アングスティフォリアの芳香成分の主要成分に含まれる、リナロールという成分には、鎮静作用、血圧降下作用、抗不安作用があります。

これは、忙しい毎日に安らぎを与えてくれる香りです。

ラベンダーには、アングスティファリア以外に、
ラベンダー・スーパーや、ラベンダー・スピカ、ラベンダー・レイドバンなど、
他数種類があるのですが、それはまた別の機会で紹介していきたいと思います。

メディカルアロマであなた自身を大切に!

忙しい日々や毎日のストレスなど色々な事に、植物や花達の力を借りてリラックスとリフレッシュをしませんか?

あなたが自分自身を大切に出来るようなメディカルアロマの情報を、今後もたくさん紹介していきます。

次回は、香りの木漏れ日はあなたを照らす。アロマバスなどを紹介します。

最近では、朝晩の気温差や、室温と外気の気温の変化で体調コントロールが難しいですよね。そんな時だからこそあなた自身を優しく労る時間を作りましょう。

次回も、お楽しみに!

Follow me!