猛暑の夏が過ぎたあとは、「秋バテ」に注意!自律神経を整えるストレッチ

まだ残暑もあったりして暑い日もありますが、夕方以降気温も下がって、少しずつですが過ごしやすい日も出てきましたよね。

でも、なんだか疲れが抜けなくて気だるさがあったり、食欲がわかなかったりということはありませんか?

それは「秋バテ」かもしれません。夏バテは聞いたことがあっても、秋バテは聞きなれない言葉ですよね。秋バテと夏バテはよく似ています。秋バテとはどんなものか、また、秋バテにならないためにできることを紹介します!

秋バテとは

秋バテって、あまり聞きなれないですよね

秋バテとは、簡単にいうと夏の体調不良が継続して秋まで引きずってしまうことを言います。

ようやく夏の猛暑が過ぎて、ホッとしたいところですが秋バテには御用心。真夏にエアコンの効いた部屋にずっといたり、冷たいものばかりを食べたり飲んだりしていると、秋バテになってしまうかもしれません。

秋バテが起こる原因

秋バテが起こる主な原因としては、先述の通り、ずっとエアコンの効いた屋内にいたり、暑いからと冷たい食べ物や飲み物ばかりを口にしていると、内臓が冷えて自律神経が乱れてしまうことが上げられます。

今年の夏も猛暑が多く、各メディアでも、熱中症にならないためにエアコンを入れましょうとの呼びかけもされていましたが、エアコンの効いた部屋にいれば自分の体の中の体温調節機能が鈍ってしまうリスクもあるのです。

他にも冷たいものばかりを飲食していると、胃や腸への負担となってしまい、消化器官の機能が低下して、下痢や倦怠感、ダルさ、食欲不振などを招いてしまいます。

秋バテの原因

  • 冷たいものばかり食べたり飲んだりしている
  • エアコンが効き過ぎた部屋で過ごしている
  • 日中と夜の温度差が激しい
  • 残暑による疲労

秋バテの代表的な症状

秋バテは夏バテの延長と捉えると分かりやすいと思います。もう夏は終わったのになんとなく不調で、、、何が原因なんだろうと感じている方は、秋バテになっているかもしれません。秋バテの症状は個人差がありますが、代表的な症状をまとめますので、自分の状態と比較してみてくださいね。

秋バテの症状
  • 倦怠感があって体が重い、ダルい
  • 下痢が続いている
  • 微熱が続いている
  • 頭痛がある
  • 食欲がない
  • 寝つきが悪く眠りも浅い

このリストだけではありませんが、以上が主な症状です。似たような症状がある方は、秋バテを疑ったほうがいいかもしれません。秋バテにならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

秋バテにならないためには

秋バテの原因は一言で言うと「夏の生活習慣」が招いています。そのため、生活習慣を見直すことが秋バテにならないためにできることなのです。

例えば、食事は身体を冷やす食事ではなく、身体を温めてくれる食事にしましょう。また、適度に運動をして汗をかくようにすることも大切です。汗をかかないでいると、体が体温調節をする機能が低下してしまいます。他にも、シャワーだけですまさないで、入浴をして身体を温めてから寝るのも有効です。

また、秋が過ぎれば寒い冬がやってきます。秋は、冷え込む冬へ向けて、身体を慣らしていく期間だと考えましょう。

自律神経を整えてくれる方法についての記事もありますので、合わせて読んでみてくださいね!

自律神経を整えるストレッチ

それでは、今回は秋バテに負けない身体を作るために、自律神経を整えるストレッチを紹介します。バンバン動いて汗をかくと言うよりは、ストレッチや有酸素運動で、じんわり体が温まってくる運動を行うことをお勧めします。ストレッチは自宅で簡単にできるので試してみてくださいね!

座って足の裏を合わせる

  1. 座って膝を曲げて両足の足の裏を合わせる
  2. 膝を外に開きながら股関節を開く
  3. 呼吸をしながらおへそから前に倒して15秒キープ

これを3セット行います。

長座体前屈

  1. 座って脚を揃えて伸ばす
  2. 息を吐きながら身体を前に倒す
  3. 持てる人はつま先を持って10秒キープ

これを3〜5セット行います。

寝た状態で深呼吸(胸式呼吸)

  1. 仰向けに寝て両膝を曲げて立てる
  2. 腰には巻いたタオルを入れておく
  3. 鼻から息を6つ数えながら吸う(胸を開くような意識で)
  4. 口から息を8つ数えながら吐く(肋骨をぎゅっと締めてくるような意識で)

これを繰り返し10回行います。

簡単にできるストレッチなので、ぜひトライしてみてくださいね!

Follow me!

猛暑の夏が過ぎたあとは、「秋バテ」に注意!自律神経を整えるストレッチ” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。