メディカルアロマのあれこれを紹介します【ハーブウォーター編】

アロマテラピーなどで使われる、 精油についてはこれまでもいくつか触れてきました。

今回は、精油以外のハーブウォーターや植物油をご紹介します。

アロマテラピーと言えば第一に精油を想像される人が沢山いらっしゃるとは思いますが、ハーブウォーターや植物油などと精油を一緒に使う事によって、精油の揮発を抑えて、効果の持続性があったり、皮膚の弱い方にもおススメで、バリエーションも広がります!

お肌のお手入れなどにも効果なものも多数あります。

まずは、お子様がいらっしゃるご家庭にも安心で、簡単に取り入れられるハーブウォーターを紹介します。

ハーブウォーターとは

ハーブウォーターとは、精油を抽出する水蒸気蒸留法で、精油を取り出した後の、植物から水溶性の成分が溶け出したハーブ水でのことを言い、 ハイドロゾルとも呼ばれています。

そんなハーブウォータは次のような使い方を見ていきましょう。

ハーブウォーターの使い方

  • 皮膚の痒みを抑えるため皮膚にスプレーしたり塗布すること。
  • 入浴の時の入浴剤の代わりに。
  • 傷の消毒や洗浄などに。
  • 化粧水として。
  • 加湿器に入れる水に加えて、風邪などの予防に。
  • リネンウォーターとして。
  • タオルをハーブウォーターに浸して、抗菌のおしぼりに。
  • ルームスプレーとして。

などなど、ハーブウォーターにも色々な使用方法があり、リストを見て分かる通り、使える幅がとても広いですよね。

それでは、ハーブウォーターの種類の一部と、どんな使い方があるのかを見ていきましょう!

ハーブウォーターの種類

ラベンダーウォーター

オススメのハーブウォーターは、ラベンダーが優しく香るハーブウォーターです。一般的に市販されているものを見かけたことがあると思います。一番有名で万能なハーブウォーターです。

<使用方法>

*スキンケア

*日焼け後の保湿

*リネンウォーター(リラックス)

*ルームスプレー(リラックス)

ローズウォーター

柔らかい甘さのある華やかな香りのハーブウォーターです。ローズウォーターは心身共に癒しへと導いてくれる香りです。肌の収斂作用(引き締める効果)が入っているのでスキンケアにとてもいいハーブウォーターです。

<使用方法>

*スキンケア

*天然の香水

*リネンウォーター(リラックス)

*ルームスプレー(リラックス)

ティートゥリーウォーター

針葉樹を思わせるスッキリした爽やかな香りのハーブウォーターです。昔アボリジニが薬として使用していた木から取れる葉つき小枝から採取したハーブウォーター。殺菌作用があるので風邪予防などにも使用できます。

<使用>

*部屋の加湿

*傷や火傷などの洗浄

ペパーミントウォーター

ミントのスッキリとした爽快感のあるハーブウォーターです。ミント製品はたくさんあるので、ミントには馴染みがありますよね!頭をスッキリさせたい時やリフレッシュに最適なハーブウォーターです。

<使用>

*ルームスプレー(リフレッシュ)

*日焼け肌へのスキンケア

*身体の疲労部分に塗布

カモマイル・ローマンウォーター

甘く優しい柑橘系にも似た香りのハーブウォーターです。カモマイル・ローマンはお肌のスキンケアにとてもよく、優しいハーブウォーターなので赤ちゃんのも使用することが出来ます。

<使用>

*赤ちゃんのオムツかぶれなどのケア

*乾燥肌の方のスキンケア

*日焼けや汗疹などのスキンケア

*リネンスプレー(リラックス)

注意:キク科の植物にアレルギーのある方は、注意して使用してください。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!さて、見ていだいたようにハーブウォーターには、色々な使い方があるだけでなく、精油と違い作用がとてもマイルドなので、幅広くご使用いただけると思います。

種類に関してはまだまだ沢山ありますが今回は使いやすくオススメなハーブウォーターを紹介していきました。

ぜひ、ハーブウォーターを手にとって、お好きな香りをみつけてくださいね!

ハーブウォーターで幅広いアロマテラピーを活用してみましょう

敏感肌でなかなか自分にあった化粧水と巡り会えてないあなたや、お子さんがいらっしゃるご家庭で、アロマをやってみたいけど、、、と心配や不安なあなた。

ぜひ、優しいハーブウォーターを使ってアロマテラピーを楽しんでみてください。

ふわっと香る優しさに包まれて素敵な1日を迎えましょう。

今回はハーブウォーターをご紹介しました。それでは次回は植物油をご紹介しますね!楽しみにしていてください。

Follow me!