楽な姿勢は老化を招く?猫背を治してアンチエイジング!

あなたはいい姿勢を意識して生活していますか?

スマホが普及するようになって、現代人の姿勢は崩れてきています。そのため今では、8〜9割が猫背やストレートネック、平背(へいはい)になっているとも言われています。

スマホ文化で、常に少し斜め下にうつむきがちになる時間が長くなったために出てきた弊害です。自分の姿勢が悪いと分かっていても、なかなか楽な姿勢から抜け出せないですよね。

でも、このまま楽な姿勢をとり続けていると、見た目も体の中からも、老化を促進してしまうことになります。老化の促進とあっては、由々しき自体ですよね!

猫背が招くことは、みなさんが思っている以上に多いかもしれません。

猫背が招くこと

Embed from Getty Images

日常生活の中で、無意識に楽な姿勢をとってしまっていませんか?楽な姿勢というのは、本来必要な筋力を低下させるので、あらゆる事態を招きます。

例えば、猫背は、背中が丸まり下腹部が前に出るため、老けて見えてしまいます。また、肩が前に出るので肩こりの原因になるだけでなく、ストレートネックの原因になり、首のシワや二重アゴの原因になります。猫背は老化を招くだけでなく、健康被害もたくさんあります。

例えばこんな、、、

  • 見た目の老化(首やお腹のシワ、二重アゴ等)
  • 胴回りの筋力低下
  • 骨盤の歪み
  • ぽっこりお腹
  • 基礎代謝の低下
  • 腰痛の原因
  • 肩こりの原因
  • 冷え性

いかがですか?また、基礎代謝が低下するということは、脂肪の燃焼もしにくい体質になりますし、肌の張りがなくなり、シワやたるみの原因になってしまいます。

このように猫背は『百害あって一利なし』なのです。

姿勢を正して、見た目も体の中も、健康的で若々しい自分を手に入れましょう!

姿勢チェック

この写真の女性をよく見てください。首が前に出て、下腹が前に出ていますよね。これが猫背の状態です。

無意識にこの姿勢で立ってしまっている方は、意外と多くいます。ずっと続けているとお尻も垂れてきて、足が短く見えたり、いわゆる”おばさん体型”になる原因になります。

Embed from Getty Images

自分の姿勢をチェックしてみましょう。猫背かどうをチェックするには、姿見の鏡で横から見るとよく分かります。自分自身が自然に立った時に、この写真の女性と比較して見てください。

チェックポイントはこの4つです。

  • 首が前に出ている
  • 下腹部がみぞおちより前に出ている
  • 骨盤が後傾している
  • 体重の重心がつま先に乗っている

普段楽な姿勢でいることが多い方は、これから少し意識をして見てくださいね!

猫背を美姿勢にするには

猫背は、ただ姿勢を意識するだけでは良くなりません。長年の時間をかけて作られてきた楽な姿勢は、筋肉にも骨にも癖をつけてしまっているので、歪みや筋力の低下など、あらゆる”偏り”を治していなかくてはいけません。

簡単にできる、背骨の湾曲しているカーブを癖づけるストレッチや、肩が前に出てしまっているのを戻す筋トレを紹介します。

ストレッチで猫背を美姿勢に

普段の癖で、本来前側に湾曲していなければいけない背骨が、後ろ側に湾曲してしまっているせいで猫背になってしまっているので、背中側に反るストレッチを行いましょう。

Embed from Getty Images

【やり方】

  1. うつ伏せに寝る
  2. 両手を肩の前あたりにおく
  3. 息を吸い肺が膨らんでいるのを意識する
  4. 息を深く吐きながら手のひらで床を押すように状態を持ち上げる
  5. 可能なところまで起こしたら、息を吸う
  6. 息を吐きながらゆっくりうつ伏せに戻る

これを10回繰り返します。

また、バスタオルを巻いて腰部分にあてがい、仰向けに寝て深呼吸をしながら30秒キープするストレッチも有効です。

僧帽筋を鍛えて美姿勢に

僧帽筋(そうぼうきん)って、知っていますか?

肩甲骨の間にある筋肉ですが、猫背の肩が、僧帽筋が弱くなって肩を背中側に引っ張れなくなっているから肩が前に出て胸が凹むように湾曲してしまうのです。

僧帽筋を鍛えるには、タオルを使ったエクササイズがオススメです。

【やり方】

  1. タオルを肩幅より少し広めに持ってピンと張る
  2. タオルを張ったまま、腕を天井に伸ばす
  3. タオルがしならない様に張ったまま、腕を曲げて手を耳の高さまで下げる(胸を張って、肘を背面に持っていく様に意識しましょう)
  4. 肩甲骨の間の筋肉を動かす意識をしながら腕の上下を行う

1分間、できるだけ早いスピードで繰り返します。

猫背を直せば良いことづくめ

Embed from Getty Images

先にもお話しした通り、猫背は百害あって一利なしなのに、無意識に楽な姿勢になって猫背の癖づけから抜け出せない、無限ループに陥っているそこのあなた!

猫背を治せば、下腹は凹み、見た目も若返り、二重アゴをやっつけることができるのです。肩こりや腰痛がひどい方も、普段の自分の姿勢を気をつけてチェックして見てください。

また、姿勢を治したり体の中から改善をするものは時間をかけて行うものですので、即効性はありませんが、それだけ時間をかけて継続していけば良い結果を出すことができます。

すぐに効果が現れないからと、やめてしまわずに継続をしてみてくださいね!

Follow me!