筋膜リリースって何ぞ?アスリートも注目しているケア方法

突然ですが、筋膜リリースって何のことか知っていますか?そもそも、筋膜って何?って思う方もいますよね。

筋膜というのは、筋肉を包んでいるネット状の薄い膜のことを言います。この筋膜は全身を覆っていて、第二の骨格なんて言われることもあります。

さて、そんな筋膜をリリースするケア方法が、近年注目が高まっていますが、一体どうゆうことなのでしょうか。ということで、今回はどんなもので、どうゆう効果があるのか、そして筋膜リリースのやり方などを紹介していきます。

筋膜リリースとは一体!?

冒頭でもお話しした通り、筋膜は全身の筋肉や臓器を覆うメッシュ状の薄い膜のことを指します。そして筋膜はコラーゲンでできていて、筋肉同士が擦れたりするのを保護する役目や、筋肉を支えて力を伝達する役割など、筋膜があるから筋肉を使うことができると言っても過言ではありません。

それをリリースするということは、剥がすってこと!?なんだかすごく痛そう、、、と思ったそこのあなた。筋膜リリースは、決して剥がしたり無理に離そうというものではありませんのでご安心ください!

この場合の”リリース”は、抑えられているものを解放するという意味で考えてください。筋膜自体は、本来柔らかく弾力のあるものなのですが、生活習慣などが原因筋膜同士がくっついてしまったり、凝り固まったりしてしまいます。

例えば、筋肉と同じく過度な運動や、長時間同じ姿勢でいることでかたくなったりします。筋膜は筋肉を外から覆うだけではなく、筋肉の内部にも張り巡っているので、長時間のデスクワークで肩こりが起こるのも、筋膜と筋肉が凝り固まってしまうからなのです。

そして、硬くなったゴムと同じように、筋膜が固まってしまうと、その周りの筋膜が固まっている所に引っ張られるように寄せ付けられてしまうので、放っておくと筋膜もどんどん歪み、肩こりや腰痛の原因になります。

筋膜リリースしたらどうなる!?

肩こりや、筋肉のコリを感じる箇所は筋膜も凝り固まっているので、筋膜リリースをすることで、筋肉の柔らかさを取り戻して、可動域を広げることができるようになります。

体のコリをほぐして、可動域を広げてくれるので、アスリートの間でも、その日の疲れを残さないで、パフォーマンスをあげるために、日々のケアに取り入れられるようになりました。

筋膜を解放して、柔らかくほぐしてあげることで、本来の筋膜の位置に戻って筋肉の伸縮性を高めてくれます。トップアスリートの中には、ウォーミングアップをする事前に筋膜リリースをする選手などもいるそうです。

『いきなりストレッチをして筋肉を伸ばすのは良くない』という話を聞いた事がありませんか?これは、まだ筋肉も筋膜もかたまった状態なのに、急激に無理に伸ばしたら筋肉や筋膜を痛めてしまうからなのです。

『筋肉を今から動かすよー』と筋肉に知らせて柔らかくしてから、ストレッチやウォーミングアップに入る事で、怪我も少なく、より短時間で良いパフォーマンスができるようになるという事なのです。

筋膜リリースどうやるの?

筋膜リリースができるフィットネスローラーを使用すると、誰でも簡単に行う事ができます。フィットネスローラーは、スポーツ用品店、ディスカウントストアなどで購入もできます。また、アマゾンや楽天でも購入する事ができます。

この他にもテニスボールを痛みを感じるところに押し当ててコロコロと転がすだけでもリリースする事ができます。

今回は、肩こりや首のコリを改善する方法を紹介します。

肩こり、首こりを改善する筋膜リリース

フィットネスローラーを使用した筋膜リリースの方法を紹介します。フィットネスローラーには、ゴツゴツとした突起が付いていて、痛みやコリがあるところに当てて、軽く負荷をかけながらコロコロと動かすだけでOKです。

この図のように、首部分にフィットネスローラーを下にして、コリがあるところを乗せて、左右にコロコロと頭を向けながら筋膜に軽い刺激を与えます。

この時、注意して欲しいのは、痛いほどやるのではなく程よく気持ちのいい負荷をかけながら行う事です。ゆっくりと深呼吸をしながら約1分くらいコロコロとしてみてください。

最後に、私Risaが利用しているフィットネスローラーのエピトミーフィットネスのフォームローラーは、Amazonでも購入できるので、リンクを貼っておきます。興味がある方はトライしてみてくださいね!

リンク:エピトミーフィットネス/フォームローラー

Follow me!