【Meeko流レシピ】日本が誇る発酵食品!納豆のアレンジレシピ

umiphotoさんによる写真ACからの写真

いつもご覧いただき、ありがとうございます!

今日は、日本が世界に誇る発酵食品の納豆のレシピを紹介します。

日本で誕生した発酵食品での中でも、健康に良いと常に注目されている納豆。納豆が体に良いと言われる理由からお話します。

納豆は言わずもがな、大豆で作られており、大豆は『畑の肉』という異名があるほど栄養価が高い食材です。そもそも大豆が栄養満点の食材ですが、発酵させて納豆にすることで生まれる栄養素もあるのです。

納豆に含まれる栄養素

  • タンパク質
  • ビタミンB1、B2、B6
  • ビタミンE
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • ビタミンK2
  • ナットウキナーゼ

大豆を発酵させることで、摂取できる栄養も増えるのです。特に納豆に含まれるナットウキナーゼは、たんぱく質の一種で、血液をサラサラにしたり、血栓を溶解する働きがあると言われています。

血栓とは、血管に傷がついた時などにできる血の塊で、血の流れが悪くなることにより、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる可能性があります。納豆を食べることで、病気の予防にも役立ってくれます。

納豆を食べるのは朝と夜どっちがいい?

朝ごはんの定番メニューである納豆ですが、実は夕食に食べたほうが効果的だと知っていましたか?なぜなら、血栓は夜から朝方にかけてできやすいと言われていて、夕食時に納豆を食べることで、血栓のできやすい時間帯をカバーする事が期待できるからです。

そのまま食べるだけでも充分美味しいですが、ちょっとひと手間アレンジしてみませんか?

Meeko流の納豆アレンジレシピを紹介します!

なったま(納豆卵焼き)2人前

【材 料】

  • 納豆(ひきわりでも可)・・3パック
  • 納豆のタレ・・・・・・・・3パック分
  • たまご・・・・・・・・・・4個
  • 長ネギ・・・・・・・・・・½本
  • かつお節・・・・・・・・・大さじ2
  • 麺つゆ(ストレート)・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・・・・・・大さじ1

【作り方】

① 納豆だけをよく混ぜ、粘り気をだしておく。長ネギはみじん切りにしておく。

② かつお節に納豆のタレと麺つゆを浸しておく。

③ 材料を全部混ぜ、フライパンにごま油をひいて、卵焼きを焼く要領で焼いていく。

④ お好みでマヨネーズをつけて召し上がれ!!

いかがでしたか?今日は、簡単美味しい納豆のアレンジレシピの紹介でした。

Mau:Mee Magazineでは、作ってほしい食材や、リクエストも承っています!この食材でどんなものが作れるかな?野菜を期限内に消費したい!とか、考えてほしいレシピや、知りたい情報をぜひ教えてください!

お問い合わせ、お待ちしています!

Follow me!