虫刺されやキズの治りの悪さに嫌気がさす。。そんなあなたに朗報です!

最近何故だかケガの治りが遅いとか、虫刺されの痕が残るなぁ!?なんて悩みありませんか?

赤ちゃんのおむつかぶれや子供さんが虫に刺され早く治してあげたいなど、それぞれにお肌に悩みを抱えてるあなたに朗報です!

植物の力を借りて、お肌のケア出来ちゃいますよ!

さあ今回はお肌についてやそれぞれ起こるトラブルについての植物精油や植物油そしてハーブウォーターを使ってのケアなどをご紹介していきますね!

その前に!!あなたのお肌の基礎知識!!

皮膚は、表面から『表皮・真皮・皮下組織』という3層の構造で皮膚が構成されているのです。

『表 皮』

そして『表皮』の中には4から場所によって5層の角質細胞から構成されいます。図を見ると分かるように、こうして層になっています。

角 質 層

爪や髪などをしなやかにするタンパクしつの『ケラチン』からなる角質細胞でホコリや細菌などの侵入を防ぐバリヤ機能や水分の保持をしている層です。天然保湿因子と言われる肌を乾燥から守る物を持っています。

(淡明層):他の部分より明るく見えることから透明層と呼ばれる足裏と掌にしかない層です。図の中には入っていませんが、角質層と顆粒層の間にあります。

顆 粒 層

この顆粒層にある『ケラトヒアリン』は紫外線を反射させ侵入を防いでくれ、紫外線だけでなく他の外界からの侵入を防いでガードをしてくれる層です。

有 棘 層

この層にはリンパ液や知覚神経があります。ランゲルハンス細胞これは免疫細胞でもあり、異物とそうでない物の判断をします。ここで異物と判断された時アレルギーとして反応をします。

基 底 層

ここから、『ケラチノサイト(角化細胞)』が細胞分裂を起こして、角質細胞へと変化する様を『角化』といいます。角質層まで到達するまでに約2週間かかります。

この基底層にはシミの原因となる『メラノサイト(色素細胞)』もあります。紫外線を浴びたことによって活性化したメラノサイトが、メラニン色素を作って紫外線から真皮を守ります。これが日焼けですね。

このメラニン色素が上の層まで到達したものを『シミ』というのですね。

メラノサイトは見ていただいてお分かりいただけると思うのですが、白髪の原因にもなっています。

また、よく耳にするターンオーバーとはこの基底層から表皮まで移動して剥がれ落ちる約28日までのことをいいます。

『真 皮』

真皮はコラーゲン70%、エラスチン、ヒアルロン酸で構成されています。

血管やリンパ管、汗腺や毛包細胞や神経層があります。

真皮の成分

間質成分:皮膚の弾力を作る繊維を作り出すエラスチン。

細胞成分:アレルゲンの刺激によるヒスタミンの放出。免疫担当細胞。

『皮下組織』

皮下脂肪がありエネルギーの貯槽など体温維持、ホルモン分泌などにも大切です。

皮膚の構成と構造なども見ていただきました。足裏や掌だけ層が一個多いなど知っていましたか?

さてそれでは、個別にお悩み解決のためケア方法などをご紹介しましょう。

*虫刺されのキズや痕のケア

<用意するもの>

  • ラベンダー・スピカ(精油)・・・60滴
  • アプリコット油(植物油)・・・・7ml
  • 遮光瓶(茶色か青色)

<作り方と使い方>

  1. ラベンダースピカの精油とアプリコット油を混ぜ入れます。
  2. 刺された幹部に1〜2滴を手に取り塗ります。
  3. 痒みが出たら塗るようにしましょう。

(ラベンダースピカの代わりにラベンダーアングスティフォリアやゼラニウムエジプト・ユーカリレモンなども同様に使用できますよ!)

*キズのケアに(おむつかぶれなど)

傷口の洗浄やニキビなどの殺菌にも使えます。

<用意するもの>

  • ハーブウォーター
  • カモマイルジャーマンウォーター  10ml
  • ローズゼラニウムウォーター  10ml
  • コットンや清潔なガーゼ

その他

  • ラベンダーウォーター  20ml
  • カモマイルローマンウォーター  10ml

<作り方と使い方>

  1. 2つのハーブウォーターを混ぜます。
  2. ガーゼやコットンに染み込ませて傷口を優しく洗浄します。

ベビーバスに5mlずつ入れて使用するなんてこともできますよ!!もちろん大人のお風呂にもご使用ください!

ケアの精油と植物油のレシピ

<用意するもの>

  • ロックローズ(精油)・・・・・・2滴
  • ニアウリ・シネオール(精油)・・1滴
  • ラベンダースピカ(精油)・・・・4滴
  • ヘリクリサム(精油)・・・・・・2滴
  • 小麦胚芽油(植物油)・・・・・・27ml
  1. 精油を全て混ぜ、小麦胚芽油と混ぜます。
  2. 1日に数回傷口に塗布します。

精油の代用としてラベンダーアングスティフォリアやローズマリーベルベノン・ローレルゼラニウムエジプトも使用できます。

植物油は、ローズヒップ油と小麦胚芽油を混ぜることによって、小麦胚芽油のビタミンEとローズヒップ油のコラーゲン生成と皮膚弾力回復も期待できます。

植物油に関して書いた記事もご一緒に見ていただいて、あなたの欲しい作用を混ぜて使う、なんてことも是非試してみてくださいね!

ハーブの力は笑顔を運ぶ。

さて、今回皮膚についてご紹介してきましたが、あなたはどれぐらい知っていましたか?

ターンオーバーについても約28日もかかるんですね、代謝も含めてキズが治りにくいとか、肌荒れが、なんて悩みを抱えているあなたこれを気に是非見つめ直す機会にしてみてくださいね!

そして赤ちゃんやお子さんをもつママさんのあなたにもお子さんと一緒に使えるアロマをご紹介しました!

ハーブウォーターはとても優しい作用のアロマなのでこの機会に是非使って自分自身も癒されてお子さんとの触れ合いと対話を楽しんでついでにケアもしちゃってください!

あなたの笑顔が周りの人たちも笑顔にします。優しい香りに包まれて笑顔の時を過ごしてくださいね。

Follow me!