【緊急!】みなさん備えてますか!?大型台風に向けての準備

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

さて、タイトルにもありますが『台風19号』が来ており、週末に関東に上陸する恐れがあると予想されています。

この台風19号、かなり大きく、2019年に発生した台風の中でも、最も強いと懸念されています。先月には台風15号で千葉県に甚大な被害を出しましたが、15号にも匹敵する勢力になると報道されています。

もし、停電したら、断水してしまったら、、、ライフラインが止まってしまった時のことをちゃんと考えておきましょう。台風の被害や、あらゆる災害は決して他人事と思わずに、ちゃんと備えておくことで、「もしも」と考えておきましょう。

もしもの状況が起こってしまってからでは遅いのです。一緒に、このタイミングで見直しましょう!

台風が接近する前にやっておきたいこと

台風が接近する前に何を備えておいたらいいのか分からないという方のために、事前に備えておくと良いことを6つのポイントにまとめます。

  • 家の中と外の補強をしておく
  • 水と非常食や備品を備蓄する
  • 避難用バッグを準備する
  • 応急セットを準備する
  • バッテリー系の充電をしておく
  • 貴重品をまとめておく

①家の外と中の備え

家の外の備え

  • 植木鉢やガーデニング類を片付けておく
  • 風に飛ばされてしまいそうなものは、家の中や風の当たらない所に移動する
  • 付近の側溝や排水溝が詰まらないように掃除しておく
  • 雨戸を閉じ、倉庫や保管庫などの鍵が締まっているか確認する

家の中の備え

  • 家電などはできるだけ高い所に移動しておく(浸水に備える)
  • 窓ガラスの割れに備え、飛散防止フィルムなどを貼っておく
  • カーテンやブラインドは閉めておく
  • 湯船に水を貯めておく
  • 寝る場所の近くに運動靴を置いておく

飛散防止フィルムなどを貼ったからといって、台風の最中に窓際に立つのは大変危険ですので、台風が過ぎるまでは雨戸やカーテンを開けたりせずに、窓からは離れた場所に退避しましょう。

②水と非常食や備品を備蓄しておく

ライフラインが絶たれてしまった場合を想定して準備をしておきましょう。3日分の飲み水と保存食があると良いと言われています。最近パスタを時間をかけて水で戻して食べられるという情報もありましたね。

  • 1人3リットル(1日)を目安に家族の人数分×3日分
  • 主食になるもの3日分(パン、おかゆ、乾パンなど)
  • チョコレートなどの糖分が補給できるもの

干し芋や梅干しカロリーメイトなどもオススメです。

  • ウェットティッシュ(乳幼児がいる場合はアルコールフリーのものを)
  • トイレットペーパー
  • ろうそくやランタン
  • マッチなど
  • 紙おむつ
  • 哺乳瓶とミルク
  • カセットコンロなどがあると便利
  • ペットボトルに水を入れて冷凍庫に入れておく
  • ペットなどを飼育している場合はペット用のフードも準備しておく

ペットボトルに水を入れて凍らせておくと、停電時に簡易的に少しの間は保冷が可能になり、氷が解けてしまっても、生活用水として利用することが可能です。

③避難用バッグを準備しておく

もしも、自宅が被害にあってしまったら、否が応でも避難所に行かなくてはいけません。寒い日も出て来ましたので、アウターも準備しておくと良いでしょう。避難用バッグに入れておくと良いものは下記です。

  • 携帯電話とバッテリー
  • 替えの乾電池
  • ラジオ
  • 貴重品(健康保険証/通帳/印鑑/キャッシュカード/現金)
  • 懐中電灯
  • 替えの下着
  • メガネやコンタクトレンズ
  • お薬手帳や診察券
  • ブランケット
  • 携帯食品(非常食)と飲み水
  • 地域のハザードマップ
  • ウェットティッシュ
  • トイレットペーパー
  • 応急セット

など、持っていきたいものを事前にメモして近くに置いておきましょう!

④応急セットを準備しておく

家の中でも避難先でも怪我をしない保証はありません。しかも台風の最中であれば、病院に行けなかったり、診察を受けられるようになるまでに時間がかかる可能性もあります。

不測の事態に備えて、最低限の応急セットは準備しておきましょう。応急セットに入れておきたいものはこちらです。

  • 包帯
  • 三角巾
  • 消毒液
  • サイズ違いの絆創膏
  • 痛み止め
  • ハサミ
  • ピンセット
  • 綿棒

近所のホームセンターやドラッグストアでも応急セットを揃えることができますので、これを機に、ぜひ準備しておきましょう!

⑤バッテリー系の充電をしておく

現代では、災害時の安否確認も、情報収拾もスマホですよね。ラジオやテレビも貴重な情報源になりますが、連絡を取ったり、TwitterやFacebookなどのSNSで現状の報告をしたり、安否の報告をする方も少なくありません。

スマホが生活に密着しすぎている現代では、充電が少なくなると、気持ちに余裕がなくなることも考えられますので、停電してしまった際に充電でできるようにしておきましょう。

⑥貴重品をまとめておく

最近では、避難中の不在にしている間の家に侵入されたり、貴重品を盗難されることも増えています。貴重品は、サッと持ち出せるように、ひとまとめにしておきましょう。

  • 健康保険証
  • クレジットカード
  • 通帳
  • 印鑑
  • 各種契約書や権利書
  • タブレット
  • パソコン(持ち出し可能なもの)
  • 貴金属類
  • 現金

台風が接近したら

台風が接近したら、むやみに外出をしたり、川や海を見に行ったり、用水路などの様子を見に行くことは絶対にやめましょう。

また、買い物ができないからとネット通販などを利用しようと考える方もいるかもしれませんが、ネット通販も交通状況によっては、欲しいタイミングで商品が届きませんので、注意しましょう。

また、災害時を狙った詐欺事件も多発していますので、気持ちが落ち込んでいる時や焦燥感がある時、不安定なタイミングで、大きな決断をしないように、家族で共有しておきましょう。

今からできることを準備して、週末の台風に備えましょう!

Follow me!