【Meeko流レシピ】ネギの梅サラダで風邪の季節を乗り越える!

食生活アドバイザーのMeekoです!本日のMeeko流レシピは、ネギを使ったメニューです!

寒くなると、夕食にお鍋が主役になることが多いですよね。そんなお鍋に必ずといってもいいほど入れるネギですが、緑の部分を捨ててしまってはいませんか?

以前、冷凍して煮物などの臭み取りに使いましょうとお伝えしましたが、実はネギの緑の部分には栄養素が多いので、捨てるにはもったいないのです!

とは言っても、薬味以外にどうやって食べたら良いのか悩ましいところですよね。今日はそんなネギの緑の部分の活用レシピをご紹介しようと思います。

ネギの梅サラダ

準備するもの

  • 長ネギ(緑の部分)・・・・・3本分
  • 塩昆布・・・・・・・・・・・15g
  • 梅干し・・・・・・・・・・・2個
  • かつお節・・・・・・・・・・5g
  • えごま油・・・・・・・・・・大さじ3

作り方

① 長ネギの緑の部分に縦に包丁を入れ開き、泥が溜まってる場合があるのでよく洗う。

② ネギを斜めに千切りに、梅干しは種を取り除いて包丁で叩く。

③ ネギを流水にさらして、水を切る。(辛味が苦手な方は、手で良く揉むように洗うと辛味が軽減します)

④ ボールにえごま油と梅干しを入れ、溶いたところにネギと塩昆布を加え、良く混ぜたら出来上がり!!

ネギは青い部分だけでなく、白い部分を使っても、もちろんOK!

今回は根深ネギと言われる種類を使いましたが、青ネギや九条ネギなどお好みのネギを使って是非お試しください。

そして、えごま油を使いましたがなければごま油でも美味しくできます。えごま油が体に良いのは、以前ご紹介させてもらったので、そちらをご覧ください。

ネギの栄養

ネギは、アリシン、ビタミンC、βカロテン、カルシウム、ネギオールと言った栄養素を含んでいます。

アリシンには血液の循環をよくし、体を温めてくれる作用があります。また、血糖値の上昇を抑えてくれるので、ダイエット中の方は進んで摂りたい食材ですね。効率よく脂肪を燃焼するには、身体が冷えていてはいけません。身体を温めることから始めるつもりで、美味しく理想の体型を目指してくださいね!

また、ネギオールには殺菌作用があると言われ、菌やウイルスと戦ってくれる作用が期待されています。風邪をひいたらネギを!と昔から言われているのは、この作用があるからかもしれませんね。

この二つの成分で免疫力をあげて、風邪が蔓延する季節を乗り越えましょう!

Follow me!