【Meeko流レシピ】春を感じる食材を食べよう!菜の花としらすのペペロンチーノ

今年は暖冬といわれていたとは言え、なんだか急に暖かくなりましたよね。あっという間に節分を過ぎ、あまり冬を感じる間もなく春を迎えるようですが、もう春を感じられる野菜の一つである菜の花がスーパーに出回ってきています。

皆さんは、春のお野菜はどうやって食べていますか?菜の花をいつもの食卓に使うというのは、あまり馴染みのないことかもしれませんね。

でも、せっかく菜の花を調理するのならば、、、お浸しで食べるだけではなんだか物足りない・・・ということで、今回は食べごたえのあるパスタをご紹介いたします。

菜の花には、葉酸や鉄分が野菜の中でもトップクラスと言われるほど含んでおり、食物繊維やその他のビタミンやミネラル類も豊富です。

他には、イソチオアネートという成分があり、アブラナ科特有の成分で血液をサラサラにしてくれると言われています。この成分は噛むことで分解酵素と混じり合い効力がアップすると言われているので、よく噛んで食べることを心がけましょう!

花を咲かせる前のこの時期(2〜3月)には、一番栄養がギュッとつまっているので、是非とも旬の今に食しておきたい食材です!

菜の花の上手な選び方

菜の花に限らず、野菜の食べごろや選び方って知らないと難しいですよね。
菜の花の上手な選び方は、つぼみが閉じているものを選んでください。切り口が新鮮できれいな緑色をしているものを選べば、柔らかく美味しい菜の花料理がつくれますよ!

菜の花としらすのペペロンチーノ(4人分)

用意する材料
  • スパゲッティ・・・・・400g
  • 菜の花・・・・・・・・1束
  • しらす・・・・・・・・40g
  • にんにく・・・・・・・1片
  • 鷹の爪・・・・・・・・1本
  • コショウ・・・・・・・少々
  • オリーブオイル・・・・大さじ1(加熱用)
  • バージンオリーブオイル・・・少々 (仕上げ用)
  • 塩(茹で汁用)・・・・ 水1lに対して塩10g
    ※鍋と水の量によりますが濃度1%をお勧めします。
作り方

① 菜の花は半分くらいの長さに切り、太い茎の部分には包丁で切れ目を入れて火が通りやすくする。

② にんにくはみじん切り、鷹の爪は小口切りにしておく。

③ オリーブオイルをあたため、にんにくと鷹の爪の香りをオイルに移す。

④ 菜の花を炒め、しらすを加えたところでパスタを茹で始める。

⑤ パスタは表示時間よりも1分早くあげ、菜の花のフライパンに移す。

⑥ パスタの茹で汁を100mlほど加え、よく和える。

⑦ コショウを加え、味見をして足りないようなら塩で味を整える。

★Meeko流POINT★

☆ しらすの塩分量や茹で汁の塩分により、出来上がりの塩味が異なるので必ず味見をしましょう。

☆ 菜の花は、栄養素をなるべくそのまま食すように茹でずに炒めましたが、苦味が苦手な方やお子様が召し上がる場合は、パスタを茹でる時に一緒に茹でると簡単です。

いかがでしたか?菜の花やふきのとう、タラの芽など旬のものでも、どうやって調理したらいいのか悩んでしまって敬遠しがちですが、栄養満点で料理でも季節を感じられるって、とても素敵なことですよね!

Follow me!