【Meeko流レシピ】最近、野菜は足りてますか?ほうれん草とクレソンのホットドレッシングサラダ

こんにちは!食生活アドバイザーのMeekoです!

 最近では時期を気にすることなくいつでも手に入りやすいほうれん草ですが、そんなほうれん草にも旬があります。

ほうれん草の旬は、1〜2月と言われています。知っていましたか?
ほうれん草は鉄分が豊富で有名ですし、鉄分については以前(鉄分の記事はコチラから)触れさせていただいたので、それ以外の栄養に注目してみようと思います。

ほうれん草にはビタミンB群やβカロテン、葉酸など様々な栄養素が含まれていて、美肌や疲労回復、貧血にも良いと言われています。では、今回はカロテンの働きについて注目していきましょう。

βカロテンというと人参を想像される方もいらっしゃると思いますが、それは緑黄色野菜に多く含まれているからと言えるでしょう。

βカロテン

βカロテンは、植物や動物の中にある色素のひとつです。

βカロテンは体内に摂り入れられるとビタミンAに変換され、皮膚を丈夫にしたり抗酸化作用があると言われており、さらには免疫力の強化も期待されています。

だから、βカロテンが不足すると、免疫力が低下して、風邪をひきやすくなってしまったり、疲れやすくなったり口内炎の原因になったりします。

また、ビタミンAは目の神経の伝達物質にもなるので、不足してひどい場合は視力低下の恐れもあるのです。これまでも、何度も触れてきましたが、食事はバランスよくといわれるのは、こうして、食べたものから体が作られているからなのです!

では!そんなβカロテンが豊富なのに、脇役になりがちな『ほうれん草とクレソン』がいっぺんに摂れる、お腹も身体も満足できるサラダを紹介します!

ほうれん草とクレソンのホットドレッシングサラダ(2人分)

用意するもの
  • サラダほうれん草 ・・・・・・1束
  • クレソン ・・・・・・・・・・1束
  • マッシュルーム ・・・・・・・1パック
  • ベーコン ・・・・・・・・・・50g
  • にんにく ・・・・・・・・・・1片
  • バルサミコ酢 ・・・・・・・・10ml
  • オリーブ油 ・・・・・・・・・小さじ1
  • exバージンオリーブオイル ・・10ml
  • 塩/コショウ ・・・・・・・・・少々
作り方

① ほうれん草とクレソンをよく洗い、食べやすい大きさに切り10分ほど水にさらしておく。

② ベーコンとマッシュルームは食べやすい大きさに、にんにくはみじん切りにする。

③ ほうれん草とクレソンの水気をよく切り、皿に盛っておく。

④ フライパンにオリーブ油を入れにんにくを温め、香りが立ち始めたところにベーコンを入れ、弱火で炒める。(ベーコンの油を出すようにこまめに木ベラで転がしましょう)

⑤ マッシュルームをベーコンから出た油で炒め、塩コショウ、バルサミコ酢とexバージンオリーブオイルを加え10秒ほど温めたら、サラダの上からかけて出来上がり!!

これで完成です!!

今回、サラダほうれん草を使いましたが、もちろん普通のほうれん草でも大丈夫!

最近では、スーパーでも癖のある野菜が、サラダ用にと出回っているのを目にするようになりました。このドレッシングにすると、そんなに多くの量を食べられない生野菜でも、温かいドレッシングでしんなりするので食べやすくなります。サラダ春菊などで代用しても美味しいので是非お試しください!!

Follow me!