【簡単ライフハック】ストレッチポールがない時の方法

こんにちは!空手ピラティスインストラクターのRisaです!

これまでにも、ストレッチポールや筋膜リリースのフィットネスローラーを使ったストレッチ方法をいくつか紹介していますが、ストレッチポールやフィットネスローラーを持っていない方の方が多いかと思います。

自宅で簡単にやりたいのに、ツールがないからやれない!なんてジレンマを解消すべく、簡単に代用品が作れる方法を紹介したいと思います!

いつも、フィットネスローラーがない方はバスタオルを巻いて代用可能です!と書いてはいるものの、、、
実際にバスタオルって、巻くだけだと動いているうちに、崩れて広がってしまいますよね。

『タオルで代用してください』という文言は、エクササイズのコンテンツを見ていると、結構目にしますが、実際にタオルの使い方を紹介しているところって、見ないですよね。

今日は、崩れないバスタオルの巻き方を紹介します!

崩れない巻き方

今回紹介する方法は、タオル以外に使用するものは一切ありません。タオルだけで崩れない巻き方です。
ちなみに、上の写真の巻き方だと簡単に崩れて広がってしまいますよね。ほんのひと工夫するだけで、崩れにくい巻き方になりますので、やってみてくださいね!

巻き方

①タオルの短辺側を、折り裏返します。(☜ここ大事!)

②長辺の両サイドを折ります。

③初めに折った短辺の反対側から巻き、袋状になった短辺部分をひっくり返して被せて完成です。

いかがでしたか?これなら、ほかにゴムやピンなどで留めなくても、巻きが崩れることなく使えます。また、こうしておくとタオルの保管も崩れることなくロール状のまま保管ができるので、このまま保管しておくのもオススメです!

ちなみにこの巻き方、『アーミーロール』と言ってTシャツを同じようにして丸めてたたむことができて、下着や外泊するときのパッキングにも役立つたたみ方です。我が家のTシャツ類もアーミーロールでたたんで保管しています。

また、この方法で巻いたタオルは、枕にも使用することができます。高さのあっていない枕で睡眠が上手くとれていない方も少なくないと思います。でもただ巻いただけのタオルやブランケットで枕を代用していると、朝起きると崩れてしまっていたりしますよね。
そんなときに、ぜひ試してほしいライフハックでした!

ぜひお試しあれ!

追記

このタオルの巻き方を覚えておくと、いざという時に思いがけず役立ったりします。

例えば、災害等で非難を余儀なくされたとき、枕を持って避難するのは非常に困難ですし、あまり現実的ではありません。でも、この巻き方だったら枕になるので、非常時にも使えるライフハックになるかもしれませんね!

形が保てないというのは、小さなストレスになります。非常時であれば、なおさらストレスが積み重なってしまうものです。この情報が、少しでも多くの方の役に立てますように!

Follow me!