【Meeko流レシピ】お腹も心もぽっかぽか!ゴロゴロ野菜の洋風おでん

昼間は春らしい陽気でも、夜はまだまだ寒い日がありますね。そして免疫力upと自分の体調管理には気を付けていきたい日がまだまだ続きそう・・・

そんな時は冷蔵庫の野菜を全部お鍋にいれて洋風おでんで温まりましょう!

3月が旬といわれるカブ。胃腸にとても優しいカブですが、白い根の部分には、鉄分や亜鉛、葉酸などのミネラルが豊富なので、妊婦の方や授乳中の方にオススメですね。

さらに葉の部分にはβカロテンやたんぱく質が含まれているので、捨てるにはもったいない!!とはいっても、スーパーでカブに手が伸びる人って、あまりいないのでは?調理方法に悩むし、大根でいいや!みたいに思っている方はいませんか?

今日はカブと大根の違いに触れつつ、カブを使った美味しい洋風おでんを紹介します!

カブと大根の違い

レシピの前に、カブと大根の違いについて少しお話させてくださいね!

カブと大根はカブがアブラナ科アブラナ属の越年草で『胚軸部分』を食用としていて、大根はアブラナ科ダイコン属の越年草で『根茎部分』を食用としています。なんのこっちゃと思いますが、同じ根菜で似ていても、種類や食べている部分は少し違うということなのです。

大根も、カブも同じように煮込み料理やサラダに適した食材ですが、味でいうと、大根は辛み成分があり、カブには辛み成分がない代わりに、ペクチンという少しぬめりけのある成分があります。

煮込み料理の際には、大根よりもカブの方が味がしみこみやすい一方、長時間煮込みすぎてしまうと、煮崩れしやすくなります。

といったところでレシピにもどりますね!

ゴロゴロ野菜の洋風おでん

用意するもの

  • カブ 1束
  • 玉ねぎ 1個
  • パプリカ赤/黄 各1個
  • しいたけ 4個
  • ジャンボマッシュルーム 3個
  • プチトマト 1パック
  • スパム(ランチョンミート) 1缶
  • にんにく 2片
  • ローリエ 2枚
  • 水 1ℓ
  • 固形コンソメ 3個
  • オリーブオイル 大さじ2
  • パルメザンチーズ 適量
  • ブラックペッパー 適量

作り方

① 野菜が煮崩れにくいように少し大きめに切っていく。

  • カブ・・・・根の部分は4等分に切り皮を剥く
    葉の部分は土をよく洗い、10cmくらいの長さに切る
  • 玉ねぎ・・・皮を剥き、芯から外れないようにくし形に切る
  • きのこ類・・・軸を切り4等分に切る
  • パプリカ・・・種と軸を取り5cm角くらいの大きさに切る
  • にんにく・・・皮を剥いて芽を取り、包丁の腹で潰しておく
  • プチトマト・・・よく洗いヘタを取り除く
  • スパム・・・3cmくらいの短冊切りにしておく

② オリーブオイルににんにくを入れ、焦げないようにあたため、香りがたってきたらスパムを入れ、表面に焦げ目がつくように炒める。

③ 他の野菜(カブの葉以外)を入れ、オイルが具の表面に絡むように軽く炒めたら水、ローリエ、固形コンソメを入れる。

④ 沸騰したら蓋をして中火で10分ほど煮込む。

⑤ カブの葉を加えたらもう一度蓋をして、5分煮込む。

⑥ 皿に盛り、パルメザンチーズとブラックペッパーをかけたら出来上がり!!

今回使った野菜の他にも、冷蔵庫に残ったキャベツや大根、人参やジャガイモなどなど、どんな残り野菜を入れても大丈夫!

スパムの代わりにベーコンやウィンナー、鶏肉でももちろん代用可能です。

そして、余ったらトマト缶を入れて味変してみたり、さらにカレー粉を加えてガッツリメニューにも変身可能な簡単レシピです。体の中から温めて乗りきりましょうね!!

余った食材や、ダイエットレシピのリクエストも随時お待ちしています!ダイエットしたいけど、お腹がすくのは嫌だ、、、、等、悩みもあわせてご相談ください!

Follow me!