【Meeko流レシピ】保存用缶詰でもできる!サバ缶で作る美味しいうどん付けダレ

こんにちはMeekoです!
外出自粛要請が出てしばらく経ちますね。

よくテレビなどでも取り上げられることの多いサバ缶。日持ちすることから災害用などに備蓄されてるご家庭も多いのではないでしょうか?

人が多いところに行きたくない今日この頃、お家に備蓄してあるもので簡単に美味しく、栄養価の高いものを取り入れてみてはいかがでしょうか?

すでに調理されているサバ缶は、料理の時間の短縮にもなる上に最近では100円ショップやコンビニでも売っているので、手に入れやすいですよね!

そもそも体に良いと言われる青魚の中でも栄養価が高いサバ。DHAやEPAといった栄養素は先日、イワシについてご紹介したときにお話しているので、割愛させて頂きますね。そんなサバですが、実は缶詰の方が骨も血合も柔らかく、臭みも出ないように加工されているって知っていましたか?

缶詰ならば開けたら余すところなく食べられるので、調理も簡単になりますし、うまく活用していきたい食材なんです。

Meeko流レシピでは、手軽に作りやすい料理もたくさん紹介していきます!ということで、今日は、サバ缶でうどんのつけだれをご紹介しようと思います。

サバ缶うどん(2人分)

用意するもの
  • サバの水煮缶 ・・・・1個
  • うどん ・・・・・・・2玉
  • 長ネギ ・・・・・・・¼本
  • 大葉 ・・・・・・・・5枚
  • すりゴマ ・・・・・・大さじ1
  • めんつゆ ・・・・・・250ml
作り方

① 長ネギを小口切り(ネギが太い場合はその半分)にする。(写真は半分のものです)

② 大葉は洗って水を切ったら丸めて千切りにし、ほぐしておく。

③ サバ缶を缶から出し、フォークで身をほぐし、めんつゆ、ネギ、大葉、すりゴマを加えよく混ぜる。

④ うどんを茹で、しっかり湯切りをする。

⑤ うどんを器に盛り、たれをかけたら出来上がり!!

今回はうどんを使いましたが、そばでも美味しく出来ます!さらにめんつゆを濃いめにしたらぶっかけではなく、そうめんのつけだれとしてもオススメです。

暖かくなってきたら、梅干しを加えてみたり、サバ缶の代わりにイワシ缶や鮭缶でも代用可能です。缶詰を保存食として備蓄している方も多いと思います。

缶詰や水など、備蓄している食材は定期的に消費期限などを確認するようにしてくださいね。
消費期限が近づいているものがあれば、期限の近いものはそのままにせずに食べて、新しく買い直したものと交換するように心がけてください!

缶詰の使用期限の確認とともに、ぜひお試しください!

Follow me!