花粉症でグジュグジュの辛さを緩和するハーブ

花粉症の季節いかがお過ごしでしょうか?この季節の憂鬱な気持ちとってもわかります。。。実際にアレルギー検査をやってみてビックリするぐらいにアレルギーに引っかかっていました。だからこそ色々な事を試して少しでも自分自身のQOLを保つために過ごしています!さあ今日はそんな中から花粉症に苦しんでいる仲間のためにシェアしていきますね!!

アレルギー症状が起こるメカニズムって知っていますか?

実際にアレルギーが起こるメカニズムを知っていく事で少しでも緩和できるようにアナタ自身を見つめていきましょう!

先ずはじめに花粉症の中で一番に嫌な事は何ですか?

  • 鼻水
  • 鼻づまり[ヒスタミンが鼻の粘膜にある血管に作用して炎症を起こす為、鼻の粘膜が腫れてむくむために起こります。]
  • クシャミ[ヒスタミンが鼻の粘膜にある知覚神経を刺激する事で起こります。]
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 涙目[ヒスタミンが目の知覚神経などを刺激する為、充血やかゆみなどの炎症を起こし涙が必要以上に分泌されます。]

上にあげたのは今のスギ花粉の時期にでる症状ですよね。このスギ花粉は抗原と呼ばれるアレルゲンです。

ではこのような症状が出た時アナタの身体はどのような働きをしているのでしょうか?次はアナタの身体がアレルギーを起こした時に何が怒っているのかをみていきましょう!

  1. アレルギー物質が身体に侵入しました。『アレルギーとは、免疫反応が特定の原因物質に対して過剰に反応を起こすこと。』
  2. アレルギー物質に対してB細胞が抗体を作り出す。『B細胞とは抗体産生細胞と言われ細菌やウィルスに対して抗体(IgE)を作り出すリンパ球の一種です。(IgEとは免疫グロブリンの一種で即時型アレルギーの抗原に対して働きかける、身体を守る機能を持つ抗体です。)』
  3. IgEがマスト細胞に結合して、アレルゲンと出会った事により、マスト細胞からヒスタミンが放出されます、それによって起こる反応をアレルギー反応と言います。
  4. アレルゲンが身体に再び侵入するとマスト細胞がIgEの刺激に反応してヒスタミンやロイコトリエン、インターロイキンなどのタンパク質や化学物質を分泌する。これをアレルギー反応と呼びます。『マスト細胞とは肥満細胞と呼ばれています。過剰に作られたIgEの刺激に反応してヒスタミンロイコトリエンインターロイキンなどのタンパク質や化学物質を分泌する細胞です。』
  5. これにより即時型のアレルギー反応、『花粉症』『気管支炎喘息』『アナフィラキシーショック』などが起こります。

『花粉症は身体に溜まっていくからその内溢れてしまう』などという事を聞いたことありませんか?それはこのIgEという抗体が身体に入った異物と出会ってしまうたびに作られて、IgEが少しずつ身体に蓄積してしまう事をいうのですね!

その為ある程度のレベルに達してしまうとアレルギー反応を起こすヒスタミンなどを分泌し、クシャミや鼻づまりなどの症状が起こってしまいます。

どうでしょうか?見ていただいてお分かりだと思いますが、アレルギー反応というのは私たちの免疫による反応だということですね!

免疫のバランスのよって身体の反応は変わっていきます!免疫のバランスがいかに大切かという事をわかっていただけたのではないでしょうか?ちなみに風邪なども同じようにこの免疫細胞が働き身体に反応を起こします。何にしてもこの免疫バランスの大切さを身に染みるほど感じてしまいますよね。

さてそれではそんな辛い花粉症状を緩和するハーブをご紹介します!!

花粉症スッキリハーブ

ネトル血液を浄化するクロロフィルが含まれています。アレルギー体質の改善と花粉症の症状を和らげてくれます。
エルダーフラワー血管透過性を調整して粘膜や毛細血管の炎症を静め、辛い鼻づまりの軽減をしてくれます。
ペパーミント抗アレルギー作用が期待できます。鼻の粘膜の腫れの改善や、ミントのさっぱりとした香りが喉の不快感を少なくしてくれます。

ペパーミントなどはお家の中でもとても育てやすいハーブです。自分のためにフレッシュハーブを育てて、ハーブティーなんていかがでしょうか?

上のハーブを自分の好みでブレンドして是非お試しくださいね!今回は花粉症で辛い日を1日でも緩和したいという思いからシェアしてみました!!みなさんのQOLの向上にお役に立てたら幸いです!!

Follow me!