【Meeko流レシピ】春にピッタリ!スナップエンドウとトマトの卵炒め

こんにちは、Meekoです!

これからが旬(4〜6月)のスナップエンドウですが、今年は温暖な冬だったためか春の野菜がもうスーパーなどに並び始めていますね。今日はそんな春野菜の中からスナップエンドウに着目してみようと思います。

スナップエンドウとは?

アメリカから導入された品種でグリーンピースの改良品種。

豆が成長してもサヤの部分が硬くなりにくいためサヤごと食べることができ、スナック菓子を食べるような食感からスナックエンドウと呼ばれるようになりました。(諸説あります)

しかし、スナックエンドウやスナップエンドウなど色々な名称で呼ばれるようになったため、1983年に農林水産省により『スナップエンドウ』と名称が統一されました。

スナップエンドウの栄養は?

βカロテン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、カルシウム、葉酸、食物繊維などが豊富で、中でもβカロテンには抗酸化作用があるため、動脈硬化の予防や粘膜を保護する作用があります。

ウィルスなどによる病気の予防にも良い食材と言えますね。ビタミンのバランスがとても良い野菜なのです。スナップエンドウって実は、ビタミンCがキャベツよりも多いのですよ!

βカロテンとビタミンCの効果でより抗酸化作用が得られます。

栄養素を見ていただいても分かる方も多いと思いますが、カリウムがむくみの予防に効果的なのは有名なお話ですよね。その他高血圧の予防や骨粗鬆症の予防にも効果的だと言われています。

*調理する時の注意*

ビタミンB群やビタミンCの水溶性の栄養素を失わないように、茹で過ぎない事水にさらし過ぎないことがとても大切です。
ちなみに、今回お届けするレシピは油を使っていますが、βカロテンは脂溶性の栄養素なので油と一緒に取ることで吸収もよくなります!

それでは、スナップエンドウを使った簡単レシピをご紹介します!

スナップエンドウとトマトの卵炒め(2人分)

用意するもの
  • スナップエンドウ ・・・・150g
  • トマト(中) ・・・・・・1個
  • 卵 ・・・・・・・・・・・2個
  • 鶏ガラスープの素 ・・・・小さじ2
  • 塩(茹で用) ・・・・・・大さじ1
  • 塩/コショウ ・・・・・・・少々
  • オリーブオイル(トマト炒め用)・・・ 大さじ1
  • ごま油 (卵炒め用) ・・・・・・・・・大さじ2

① トマトを8等分のくし型切りにする。

② お湯1lに塩を加え、沸かしたところにスナップエンドウを入れて1分半茹でる。

③ 卵を割り、鶏ガラスープの素を入れて解いておく。

④ フライパンにオリーブオイルをひきトマトを崩しながら煮詰め、一度皿にとっておく。

⑤ スナップエンドウは下から上、上から下にスジをとる。(火傷に注意)

⑥ フライパンにごま油を入れ熱したところに卵を入れ、まわりから箸で内側にかきこむようにまとめていく。

⑥ トマトとスナップエンドウを加え、塩コショウで味を整えたら出来上がり!!

☆ スジを茹でる前に取ってしまう方も多いですが、茹でる時や炒める時に豆が出てきてしまうので、今回は茹でた後にスジをとる作り方をご紹介させていただきました。

Follow me!