運動と時間差で来る筋肉痛は歳を取ったから!?筋肉痛の不思議

こんにちは!空手ピラティスインストラクターのRisaです。

最近、運動をしたら翌日以降に筋肉痛がくるようになった気がする、、歳をとったせいなのかしら?なんて思っている方はいませんか?

今回は、筋肉痛にまつわる都市伝説にメスを入れていきたいと思います!

よく、運動やレジャーを楽しんだ翌日に、「昨日動いたから筋肉通が来た」「動いた当日に筋肉痛が来なかったから、歳をとった」なんて会話を聞きませんか?
大人になるにつれて、筋肉痛になるのが遅くなったと感じている方もいるかもしれませんね。

筋肉痛はどうして起きるのか、歳をとったら筋肉痛になるのが遅くなるのか、をお話します。

筋肉痛が後から遅れてくるのは、歳をとったからなのか

一番気になるのは、「筋肉痛が遅れて来るのは、歳をとったからなのか」ということではないでしょうか。

結論から言うと、答えはズバリ『NO』です。

何歳であっても、激しい運動をすれば、翌日に筋肉痛が出てきます。軽い負荷の運動を行えば、翌日以降に筋肉痛が遅れてやってくることもあります。

筋肉痛がいつくるかは、年齢に関係はありません。どの程度の運動をしたか、普段から運動をしているかどうか、が関係します。
だから、筋肉痛が遅れてきたから、歳を取ってしまったと勘違いしないようにしてくださいね!

筋肉痛のメカニズムとは?

筋肉痛のメカニズムって、実は、解明できていないって知っていましたか?トレーニングなどで動いた時に、筋肉に負荷がかかることで、筋繊維が傷ついて、それを修復する時に痛みが出るというのが、現在のもっとも有力な説ですが、これに代わる説が出てくる可能性があるのです。

運動によって、筋肉痛になりやすい、なりにくいはある?

筋肉には、縮めながら力を出す『短縮性筋収縮』と、伸ばしながら力を出す『伸張性筋収縮』があります。筋肉は、「伸張性筋収縮」の方が筋繊維を傷つきやすいという特徴があります。

例えば、下り坂をダッシュしたり、走りながら方向転換をする時などの動きは、伸張性筋収縮が大きいので、筋肉痛が起きやすいと考えられます。

また、普段行っていない動きも、筋肉痛になりやすいと言われています。

例えば、バスケットボールの選手やサッカーの選手たちが、全くやったことのない空手をやったとすると、、、筋肉量の多いアスリートでも、慣れていない動作によって、普段使っていない筋肉を動かして筋肉痛になるのです。

筋肉の量が多いかどうかよりも、使っていない筋肉を動かせば、誰でも筋肉痛になるということなのですね!だから、筋肉痛がくるタイミングで悲観する必要はないですよ!

筋肉痛は通常1週間程度で消える

筋肉痛は、通常1週間程度くらいで消えます。なるべくなら、筋肉痛から早く解放されたいと思う方もいますよね。アイシングや、ストレッチをして幹部を冷やしたり、ストレッチで血行をよくしてあげると、少し早く筋肉痛の解消ができる場合もあります。

ただし、圧をかけるマッサージなどは注意が必要です。筋繊維が壊れて炎症が起きている状態のところに、グイグイ押しては悪化させる可能性があるからです。

早く筋肉痛を解消したい時には、呼吸をしっかりとして、酸素を体に巡らせるように深呼吸をしながらストレッチをしてみてくださいね!

筋肉痛は、トレーニングにはつきものなので、筋肉の成長痛と言っても過言ではありません。「筋肉痛のタイミング=歳を取った」というのは、単なる噂なので、安心してくださいね!

Follow me!

運動と時間差で来る筋肉痛は歳を取ったから!?筋肉痛の不思議” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。