筋肉痛からできるだけ早く解放されたい!その悩み、筋膜リリースで解決!

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
空手ピラティスインストラクターのRisaです。なかなか外に出られなくて、フラストレーションがたまりますよね。

最近では、インスタグラムでも『おうち時間』というアイコンが表示されるようになって、子どもたちと一緒に自宅でトレーニングをする方たちも増えてきています。

家から出られない時だからできることも、たくさんあると気づかされますよね。とにかく、今はことが終息するまでは、不要な外出は極力控えなければいけません。自分の身を守るのと、自分が媒介者家から出られない時だからできることも、たくさんあると気づかされますよね。

一刻も早く終息させるには、ひとりひとりの意識と行動が大切です!

とにかく、今はことが終息するまでは、不要な外出は極力控えなければいけません。自分の身を守るのと、自分が媒介者になってしまわないためにも、いかに『おうち時間』を充実させることができるか、、、が、とっても大事なのです。

少し本題からずれてしまいましたが、ここから本題に戻ります。

子供たちと一緒にトレーニングをしていると、翌日、子供たちはケロっとしているのに、自分はしっかり筋肉痛で、体中が痛い、、、なんてこともよくある話です。

少し前に、筋肉痛がやってくるタイミングについてのお話をしました。(下にリンクを貼っておくので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!)

では、どうやったらできるだけ早く筋肉痛から解放されるのでしょうか?

筋肉痛には筋膜リリース

筋肉痛を和らげるためにできることで、すぐに思いつくのは湿布を貼る、炎症止めの塗布薬を塗るとかですよね。ストレッチも、筋肉痛の緩和に良いと言われていますが、実はそれほど効果は見込めないなんていうデータもあったりします。

そこで、実践してもらいたいのが、筋膜リリースです。筋膜リリースについても、前に紹介させてもらっているので、興味のある方は、下記リンクから見てみてください。


なぜ筋膜リリースが筋肉痛の緩和に役立つのか

私たちの体にある筋肉は、くまなく『筋膜』という膜に覆われています。その筋膜同士はくっつきやすいので、トレーニングや、日頃の習慣で癒着して固まってしまった筋膜は、ちゃんとはがしてやらないと、動きが制限されてしまいます。

筋膜がそうして固くなったまま放っておくと、筋肉はだんだん柔軟性が失われていくので、ますます体が硬くなったり、コリや張りが増していってしまいます。

そのため、筋肉が柔軟な状態を保つには、筋膜リリースでケアすることが大切です。

筋肉痛を治すには、酸素を効率よく体の中に取り入れて、食事などでとった栄養なども、円滑に体の隅々まで届けてもらわないといけません。

ですが、固くなってしまった筋肉は血の巡りが悪く、筋肉痛を早く治したくても、治すための材料が少しずつしか運ばれないのです。そうなると、いつまでも身体がダル重くなって、動きにくくなっていってしまいます。

だからこそ、筋肉が凝り固まってしまわないよう、血液の循環がスムーズになるように、できるだけ柔軟な筋肉の状態をつくっておくことが必要なのです。そのために、有効な手段が『筋膜リリース』だということを覚えておいてくださいね!

注意!指圧マッサージと筋膜リリースは違う!

筋肉痛の時に注意をしたいのが、筋膜リリースと指圧マッサージは別物であって、『筋肉痛時に、指圧マッサージは避ける』ということです。

筋膜リリースは、凝り固まって癒着した筋膜をはがして、元通りにするものであって、決して指圧マッサージではありません。テニスボールやストレッチポール、フィットネスローラーを使ってやるのが一般的です。

こうしたものがない場合は、バスタオルで簡単にポールを作れる方法も紹介していますので、リンクを貼っておきます。

一方、ツボや反射区を指圧で刺激したり、傷んだ筋肉をぐいぐい押してしまったり、やみくもに圧をかけてしまうと、筋肉が再び炎症を起こしてしまうリスクがあるので、筋肉痛の時に、指圧などのマッサージは避けてくださいね。


さて、なかなかストレスフルな日々が続いていますが、おうち時間を家族みんなで『いい時間』にして下さいね!これからも、一分一秒でもいい時間にするためのヒントを発信していきます!

Follow me!