シネマで観るアロマの歴史〜千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜

こんにちはアロマインストラクターのMayuです。おうち時間をどのようにお過ごしでしょうか?

今回は趣向を少し変えて、おうち時間にオススメの映画とそれにまつわるアロマをご紹介していきたいと思っています。
ご紹介する映画は『千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜』です!!
なぜアロマと映画?と思われた方は多いと思われますが、そちらに関しては少しずつ明かしていきたいと思います。
それでは、先ずはこちらの映画のご紹介をしていきます!!

千年医者物語〜ペルシアの彼方へ〜

あらすじ

11世紀のイングランド、炭鉱で働く少年の主人公ロブが、突然、母親を病気で亡くしたことをきっかけに、旅をしながら人の髪を切り、医療も施す理髪師兼外科医の元に引き取られることとなったのです。

それから数年がたち成長したロブは、旅を続けながら医術をいかし働いていました。そんなある日のこと、一緒に旅をしていた理髪師が目の病気にかかってしまうのです。

そこでロブは医師を探しているとペルシアのイスファハンで勉強をしていたという医師と出会いました。その医者は、理髪師の目をすんなりと治してしまったのです。それを目の当たりにしたロブは更なる知識の必要性を痛感します。

ロブはその医師から、手術という方法が多くの人々を救う事の出来る手段だということを聞きました。そしてロブは世界最高の医師イブン・シーナの存在を知るのです。

ロブは、イブン・シーナから手術を学ぶために、恩人である理髪師に別れを告げ、異国であるペルシアのイスファハンを目指して旅立ちます。
旅立ったロブは、行く先々で色々な病状の人々を目にし、自分自身も色々な苦難にあいながらも、世界最高の医師である、イブン・シーナの元に辿り着いたのでした。。。

医師イブン・シーナ

さて、ここでなぜアロマ?と思われた謎を解明していきたいと思います!

医師イブン・シーナ(別名アヴィセンナ・アヴィケンナ)『医学典範』に薬草やアルコールの利用を記した人物です。そしてアロマの歴史でも出てくる人物なのです。アロマの開発に重要な関わりを持っていた人物は医学や薬学、アーユルヴェーダ、宗教などに精通した人物が多く代替療法として使用されてきました。

医学者であり哲学者、そして科学者でもあったイブン・シーナは、10世紀頃、水蒸気蒸留法によってローズの芳香蒸留水(ハーブウォーター)の抽出に成功を納めた人物なのです。そしてハーブウォーターを用いて治療をしたと言われています。

ですから、ローズ精油やローズウォーターを今皆さんが手にすることが出来ているはこのイブン・シーナのおかげなのです。そして、ローズ精油はダマスクローズの花から蒸留された精油なのですが、他の精油と比べても、少々お値段が張ります、、11世紀には『金よりも価値がある』なんて言われていた様です。

今でもなお、お値段が張りますが、価値があるからこその値段なのだと思います。とてもいい香りのするオイルで、手に取る機会があれば是非香りを堪能してみてくださいね!

そして、この頃に使われていたローズウォーターですが、もちろん現在でもあります!精油は手が出しにくいですが、このローズウォーターは手に取りやすい物なので、ぜひ一度お試しいただきたいハーブウォーターです!!

それでは、イブン・シーナによって知られる事となったローズウォーターをご紹介していこうと思います。

イブン・シーナからの贈り物ローズウォーター

ハーブウォーター芳香蒸留水やハイドロゾル、フローラルウォーターとも呼ばれています。
*芳香成分は精油よりも微量ですが、精油の香りよりも柔らかく優しい香りのするハーブウォーターです。
 皮膚への刺激も少なく、肌へも安心して使用することが出来ます。
*希釈して使用しなくてもそのまま使用できます。
ローズウォーターRosa damascena』ロサ ダマスケナ
  • 科目:バラ科
  • 蒸留部位:花
  • pH:4.2〜5.2
  • 含有成分:フェニルエチルアルコール・シトロネロール・ゲラニオール・リナロール

*使用方法*
スキンケア:乾燥肌・あれた肌
     (お湯とローズウォーターを2分の1づつ入れ、ホットタオルを作って顔をパックします。)
     (コットンや顔に直接スプレーして肌に水分を与えましょう。)
とても香りのいいハーズウォーターなので、癒し効果もあると言われていますので、寝る前のリラックスタイムになどに使用してみるのもいいかもしれませんね。

今回は趣向を変えて映画で観るアロマの歴史とアロマをシェアしてみました。

映画で描かれる世界の中にもその人物に繋がるアロマや植物があります。方向性を変えて物事を観ることでまたその物の見え方がもっと輝いて見えるようになるのではないかと思います。どんな角度で見るのか、、物事をみる角度はいつも多面的です。角度は一つではないことをまた皆さんと一緒に見ていけたらと思っています。

さて、映画で観るアロマいかがでしたでしょうか?

イブン・シーナと出会ったロブが、その後どうなったのかは、ぜひ映画で観てみてくださいね!
映画や音楽にはアロマと繋がるものがまだまだあります。また今後もご紹介していきますのでお楽しみにしてくださいね。おうち時間のひとときにローズウォーターでリラックスしながら映画鑑賞なんてお時間はいかがでしょうか?     

Follow me!

シネマで観るアロマの歴史〜千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。